社員インタビュー

職種、主な業務紹介

ダン科学では、営業や設計、エンジニアをはじめ多岐にわたる業務を
それぞれの職種で分担して日々の業務をまわしています。

製造部
(電機製造課)

工場で製造に携わっています。
ダン科学に入ったきっかけは、自宅が近かったからですが、実際入ってみて業界の先端で働いていることに手応えを感じ、充実しています。工場勤務ですが、海外出張などもあります。
ダン科学にいれば、新製品の開発に携われるチャンスもあり、いつかは新聞に取り上げられるようなでっかい仕事が出来たらと思っています。

資材部
(受入れ業務)

購買部より手配された品物の受け取り、および受注別による部品管理を行っています。
受注量の増加により、部品の受入量が増大し部品が行方不明になるなどのトラブルが起きた頃もありましたが、購買部との打ち合わせを重ね今では大幅に改善することが出来ました。
自分が携わっている時点では、個々の部品単体のものが、製造現場で装置になり、稼動しているのを見ると嬉しく思います。

資材部
(調達業務)

調達業務の中でも、洗浄・真空機器の部材中心に担当しています。ダン科学では様々な部署・工程を通して一つの製品を製造しているので、後工程の人が円滑に仕事をしてもらえる様、納期の把握を大切にしながら日々の業務に取り組んでいます。
時には、お客様へのコストダウン実現のために、少しでも安価な部材を検討したり価格交渉などをすることがあります。
納期通りに全ての調達が完了した時は、達成感があります。
また、ここにいれば業界初といった仕事に関われるチャンスがいっぱいあるというのも魅力の一つです。

営業部

半導体・液晶・空気清浄装置などの営業を担当しています。
中でも空気清浄は、様々な装置に必要な分野のため、日々最先端の技術・情報の収集が欠かせません。
ダン科学では、一つ一つの装置が受注生産ですが、それでも数ある装置を標準化していくこと、簡素化を実現していくことは、お客様満足の実現により近づいていきます。
業界の最先端にいるため、クライアントは製造業の中でも大手中心になりますが、win-winの関係を確立・合意を目指し、常にお客様のメリットを考え提案をしています。

社員から見たダン科学とは?

どんな人に向いている社風でしょうか?

  • 業界初・業界最先端といった大きな仕事に携わりたい!
  • 情報の流れや商品サイクルの早い業界で、ポジティブに取り組める人
  • 一つのプロジェクトに様々な部署・工程が関わってくるので、協調性を大切に出来る人

社長はどんな人ですか?

  • 社員を全員と言った表現で一括りにせず、個人個人を大切にしてくれる人
  • 社員に対して温情が厚く社員を信用してくれるので、自分の判断が尊重されています
  • 誠実な人で、顧客優先・社員優先といった姿勢を持っていると思います。

ダン科学の自慢をするならば?

  • 海外に行くことが出来る!
  • 大きな工場があるよ!
  • クリーンルームの先駆け
  • 大手の良いお客様が多い
  • 社員一人一人が尊重されている
  • 技術力とネームバリューが高い!

編集者から一言

ダン科学さんは、高尾駅からバスで20分位という立地にも関わらず、業界の最先端を行く勢いのある企業です。色々な社員の方が頻繁に海外を飛び回っているのも印象的でした。

汎用化された製品は無く、毎回受注生産で大きな装置を作っているので、社内間の連携は大変重要で、一つ一つの仕事の重みがあり、作業を完了したときの達成感が大きく、それが社員のみなさんの仕事に対してのやりがい・モチベーションに繋がっていると感じました。

手を抜く・気が抜けるなど許されないシビアな業界ですが、そこで養われる知識や技術はもとより仕事に対する姿勢や、人間としての自己管理能力やビジョンの見方などにも好影響を与えてくれるような環境が、ダン科学さんには存在していると思います。